2010年06月07日

郵政改革法案 衆院本会議で可決 参院に送付へ(毎日新聞)

 郵政民営化を見直す郵政改革法案は31日夜、衆院本会議で民主党など与党の賛成多数で可決された。参院に送付される。連立政権を離脱した社民党は賛成した。自民党など野党は審議が不十分だとして衆院総務委員会での再審議を求めたが、与党側は応じず、本会議に緊急上程した。与党は16日までの会期内に成立させる方針だ。

 郵政法案は、日本郵政グループに郵便・貯金・保険の3事業の全国一律サービスを義務付け、5社体制を3社体制に再編するのが柱。小泉純一郎元首相が進めた民営化路線を大きく転換し日本郵政の公的性格を強める。

 民主党の山岡賢次国対委員長は31日、自民党の川崎二郎国対委員長に郵政法案を同日中に採決する方針を伝えた。民主党が審議を急ぐ背景には、参院選で全国郵便局長会の支援を取り付ける狙いがある。野党は1日にも亀井静香金融・郵政担当相に対する不信任決議案を提出する。【大場伸也】

【関連ニュース】
郵政改革法案:衆院通過へ 野党、亀井氏らの不信任案検討
郵政改革法案:与党、衆院委で強行採決
郵政改革:民営化見直し方針、WTO高官が初協議
郵政改革法案:衆院で審議入り 5野党は本会議に欠席
総務省:日本郵政の「委員会設置会社」見直し提言…検証委

「小沢氏と困難に立ち向かう」=鳩山首相、続投に重ねて意欲(時事通信)
<菅首相>妻伸子さん「ご愁傷様かも」(毎日新聞)
41分で報酬121万円…仙台の非常勤行政委員(読売新聞)
教師らに大規模アンケート=資質向上策検討に活用―文科省、4万人超と関係団体に(時事通信)
<ネット選挙>公選法案採決は3日以降(毎日新聞)
posted by ワカヤマ ショウジ at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。